脳卒中ってどんな病気?

脳卒中は脳梗塞(のうこうそく)、脳出血、くも膜下出血の総称です。

脳梗塞は脳の血管が詰まる事によって起こります。脳出血は脳の血管が破れて起こるもので、くも膜下出血は主に脳動脈にできた瘤の破裂によって起こります。

治療法は手術のほか、点滴によるものがあります。治療後、足や腕、手の麻痺や言葉の障害など、後遺症が残る事があります。

後遺障害でリハビリを行う必要がある場合、治療後早期にリハビリ専門病院に転院してリハビリを行う必要があります。

詳しくは以下のページをご覧ください。

厚生労働省のページ

兵庫県東播磨県民局のページ

大西脳神経外科病院のページ