東播磨脳卒中
地域医療連携
協議会について

東播磨脳卒中地域医療連携協議会では東播磨圏域(神戸市西部、明石市、稲美町、播磨町、加古川市、高砂市)の脳卒中医療に関わる医療介護職が集まり、脳卒中患者さまのスムーズな連携医療が
行えるように以下のことに取り組んでいます。

顔の見える連携関係づくり

顔の見える
連携関係づくり

発症から生活期までの治療を担う各施設が患者さまの情報共有を行う場を定期的に設け、連携関係づくりを行っています。

サポートツールの配布

サポートツールの配布

生活期の脳卒中治療を支える
ツールとして「脳卒中ノート」を脳卒中を発症したすべての患者さまにお渡ししています。

情報発信

情報発信

脳卒中医療に関する情報を、
ホームページなどを活用して発信しています。

脳卒中
医療連携とは

脳卒中を発症した患者さまに対し、急性期病院から回復期病院を経て
在宅療養に移行出来るよう治療計画を作成し、
患者さまに関わるすべての医療機関等で共有するものです。
この診療計画を作成することで、患者さまがその時々に必要な医療を
切れ目なく受けることができます。

東播磨における医療・介護連携モデル