脳卒中になってしまいました。このあとが不安です

脳卒中の治療は一つの病院で終わるわけでなく、色々な病院、施設が協力して段階的に治療を進めていきます。

急性期
脳卒中を発症した直後は、入院先の病院でまず疾患の治療が行われます。
回復期
急性期で一通りの疾患の治療が終われば、今度は残った障害に対する治療を回復期リハビリテーション病院で行います。徹底的なリハビリを行い少しでも機能を回復すると同時に、退院後の生活がスムーズに行えるように環境の調整が行われます。
生活期
回復期でのリハビリ治療が終われば、今度は生活を送る場で機能を維持するためのリハビリや再発の予防を行っていき、日々の生活の質を上げていきます。これを生活期と言います。
生活期では患者さんご家族を中心に在宅のかかりつけ医師、訪問看護師、ケアマネジャー、介護施設のリハビリスタッフ、訪問薬剤師、管理栄養師、多くの人が皆さんを支えます。

このような仕組みを脳卒中の医療・介護連携と言い、東播磨地域では多くの病院、施設が協力して皆さんの治療や生活のサポートを行っています。

回復期リハビリって何ですか?

脳卒中の急性期治療のあと、残った障害に対する機能回復を中心とした治療をリハビリテーションの専門施設で行う事を「回復期リハビリテーション」と言います。
一言でいえば、「寝てるとき以外はリハビリ!リハビリ!リハビリ!」です。

医師も、看護師も、もちろんセラピストも、さらに言えば薬剤師や管理栄養士も、すべてのスタッフがリハビリテーションの専門家です。リハビリテーションのための栄養管理、薬剤管理、看護、医療で皆さんのリハビリテーションを支えています。
さらに、病棟での生活も歯磨き、着替え、食事、トイレ、入浴、すべてをセラピストと看護師がリハビリの一環として指導、学習を繰り返していきます。まさしく寝る時以外はリハビリ漬けの毎日になるわけです。

このように生命を救う急性期医療のあと、生活期を見据えた機能回復を集中して行っていく仕組みを回復期リハビリテーションと言います。

リハビリではどんなことをしますか?

リハビリには次の種類があります。

理学療法
身体の機能を回復させるリハビリになります。
基本的な動作、座る、立つ、そして歩く、それに必要な装具の選定など身体を動かすための訓練を行います。
作業療法
日常生活の動作を行うことをリハビリします。
食べる、着替える、排泄するなどの日常生活動作、また社会復帰で必要な機能(家事動作など)を訓練します。
言語療法
うまく話せない、聞いていることがわからない(失語症)、話す言葉が聞き取りにくい(構音障害)に対してコミュニケーション能力の訓練を行います。
また、食べることの障害(嚥下障害)に対する訓練も行います。
心理療法
高次脳機能障害(記憶や注意力、考えたり、判断したりする能力)の評価および治療を行います。

言葉の障害ってどんなものですか?

言葉の障害は大きく分けて2つあります。

失語症
聞いて分かっているけど言葉を上手く紡げない(運動性失語)、聞いたことがうまく理解できない、このため流暢に喋られるが、違う言葉や意味が解らない言葉を話してしまい、ひどい場合は自分でそれが理解出来ない(感覚性失語)。
他にもありますが大きく分けるとこの2種類になります。
構音障害
喉や口の中の器官の機能異常のためうまく音が紡げない障害です。

失語症や構音障害はコミュニケーションという重要な機能を失うために、患者さん本人の辛さは筆舌に尽くしがたいものがあります。機能回復は少しずつ進むため周りの方の努力(相手の意図を推察するなど)、サポートが重要になってきます。

食べる、飲み込みの障害ってどんなものですか?

人は口で食べ物を噛んで、喉の奥に送り込んで、飲み込んで食事をします。
この過程がうまく出来ないと食事が食べることが出来ない、または食べられても特殊な形態のものしか食べられない状態になります。これを摂食嚥下障害と言います。

症状が軽ければ様子を見ながら食べてみることも可能ですが、むせがあったり、発熱があるような場合は無理をせず専門施設で特殊な検査を行い、どこに問題があるか、なぜ障害が起こっているのか確認して、必要なリハビリを行うことが重要になります。

摂食嚥下障害は、「食べる」という人にとって最大の愉しみが損なわれる障害です。
これを取り戻すことは患者さんにとって最大の目的となることも多いです。それには専門リハビリ施設での系統的訓練が必要です

麻痺は無いんですが…なにか変です
高次脳機能障害について教えてください

くも膜下出血や脳の前の部分を損傷した場合などは、麻痺はないけれど病気の前と、なにか違っている状態になることがあります。
この違いは人間の持つ高度の能力、記憶力、注意力、判断力、社会性、計画性などが損なわれているために、周りの方がそのように感じるのかもしれません。このような障害を高次脳機能障害と言います。

新しいことを覚えられない、約束が守れない、物事に集中できない、これらは日常生活では大きな問題にはなりませんが、社会生活を送るには大きなハンデになります。乗り越えるには、本人のリハビリと共に、ご家族や職場など周囲の理解が必須になります。見逃されがちな障害のため専門施設に相談して対応方法を考えていくことが必要です。

FIMについて教えてください

回復期リハビリテーション病院入院中に良く説明される言葉に、「FIM」というものがあります。FIMとは「Functional Independence Measure」の略語で、日本語でいうと「機能的自立度評価法」という言葉です。

日常生活動作の評価法で食事、排泄などの18項目からなり、それぞれを1~7点で評価、総合計点は18点から126点になります。回復期リハビリテーション病棟では、これを基にどれくらい良くなったかの説明を定期的に受けることになります。

これまで患者さんを診てきた所感ではありますが、大体の目安は次のとおりです(※例外や個人差があります)。
定期的なFIMの点数を励みに、まずは80点を目指しましょう。

  • 60点程度 … 
    介護は必要ですが、ご家族でもなんとか対応が可能なレベル
  • 80点程度 … 
    日常生活動作(ADL)は、一部を除いて自立が可能
  • 100点以上 … 
    日常の生活はほぼ自立が可能

※ADL…Activities of Daily Livingの略で、「起居動作・移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容」動作のことです。

回復期を退院する時のイメージを教えてください

回復期を退院する時の状態は患者さんそれぞれで異なります。
入院中から回復の状況に合わせながら微調整を行い、患者さんやご家族と意見交換をしながら、患者さん本人の病状やご家族の社会的状況を考えながら、最終的な退院のタイミング、方向性を決定し、退院に合わせて様々な調整を行います。

方向性には社会復帰、在宅介護、施設入所など様々な選択肢がありますが、特に在宅介護の場合は住宅訪問や改修、試験外泊、退院前の介護職とのミーティングなど、患者さんやご家族に合わせて細かい調整を行います。施設入所などの場合は施設間の情報共有や調整を行いスムーズな環境の移行が可能となるようにサポートします。

このように、回復期では入院した時から退院後を見据え、リハビリテーションと並行して退院後の生活設計を進めていくことよって、生活期へのシームレスな移行が可能となるようにしています。